シリコンライン

シリコンライン
Sillicon Line

シリコンラインは超低電力、高速データ転送を可能にするオプティカル通信テクノロジーを提供するメーカーです

本社:ドイツ
設立:2005年

シリコンライン社は、2005年にドイツ(ミュンヘン)に設立されたファブレスカンパニーです。 超低電力、高速データ転送を可能にするオプティカル通信テクノロジーにより、主にモバイル及び民生向けに、IC及びモジュールソリューションを提供しております。

光インターコネクトにおける世界のリーディングカンパニー

ドイツのミュンヘンに本拠地を置くシリコンラインは、革新的な超低電力光リンク技術の開発と製品の提供における世界的リーダーです。
シリコンラインは最先端の製品を提供するだけではなく、最新の仕様であるHDMI2.1のアクティブ光ケーブルの技術標準化をサポートする重要な役割を担っています。

帯域需要の急激な拡大やインターネットインフラの広がりにより、データ伝送容量は増大し、従来の電気ケーブル(銅線)を使った接続に代わり、アクティブ光ケーブル(Active Optical Cable:AOC)による光インターコネクトの導入が加速してきています。
そういった中でシリコンラインは、アクティブ光ケーブルを迅速かつ低コストで大量生産できるICとモジュールの両方を提供することにより、アクティブ光ケーブルへの移行において重要な役割を果たしています。

First-to-Market製品
・Optical HDMI interface (10.2 and 18 Gb/s)
・Optical DisplayPort interface (40 Gb/s)
・Optical MIPI D-PHY interface (CSI-2, DSI) for cameras in AR applications
・Optical USB 3.1 interface (10 Gb/s)

光インターコネクト製品ラインナップ

VCSEL Driver/TIA,Serializer/De-Serializer/Module

スマートフォン、カメラ、4K/8K TV,AR,VRといった最新の高解像度、高速データ伝送アプリケーションには、低コスト、低電力、長く、薄くて軽いアクティブ光ケーブル(AOC)が従来の銅ケーブル(ACC)に取って代わります。 シリコンラインは、簡単かつコスト効率の高い光ケーブルの開発を可能にするICとモジュールを提供します。

シリコンラインのよるアクティブ光ケーブル(AOC)の特徴

シリコンラインの独自の技術に基づくアクティブ光ケーブル(AOC)には、多くの利点があります。

・高速極細ケーブルを実現する唯一の技術
・ケーブルは細く(例、外径3mm)、軽くて柔軟、折り曲げか可能
・ケーブル長が伸びても太くはならない。
・スリムなUSB3 Type Cコネクターに適合する唯一のアクティブテクノロジー
・長さ1mから100mまでのケーブルに使用可能
・チャネルごとに最大25 Gbpsのデータレートで使用可能
・競合他社の5分の1の消費電力
・HDMI 2.x, USB3.x, DisplayPort 1.x, DisplayPort 2.0 and DisplayPort ALT対応

アクティブ光ケーブル(AOC)応用アプリケーション

・4k/8K TV
・AR/VR ヘッドセット
・サーバー
・産業用
・医療機器
・車載機器