はじめてのADコンバータ

今回の記事はTexas Instruments(以下、TI社と表記)のデータコンバータ製品をはじめて使う、ご検討いただくお客様を対象として、データコンバータの基本について説明しております。

ADコンバータとは?

ADコンバータとは、アナログ情報をデジタル情報に変換するデバイスです。

アナログとデジタルの違いは何でしょうか?

ADコンバータはどんなところで使うの?

私たちの生活のさまざまなところで ADコンバータは大活躍しています。

ADコンバータはどんなふうに使うの?

ADコンバータを使用した実際の信号処理の流れを見てみましょう。

例)カラオケで歌声が出力されるまで

ADコンバータってどんな特長があるの?

ADコンバータの基本的な働きは、アナログ情報をデジタル情報に変換することです。
また、代表的な2つのスペックにより、どのようなものかを表現できます。

ここで、デジタル信号に変換する際の性能で、覚えていただきたい2つの性能があります。

この2つの性能の良し悪しが大きな影響を与えます

サンプリングレートが速いと、どんな良いことがあるのでしょうか?

分解能が高いと、どんな良いことがあるのでしょうか?

TI社にはどのようなADコンバータがあるの?

TI社ではサンプリングレートが10Msps以上のものをHigh Speed ADコンバータ、10Msps以下のものをPrecision ADコンバータとして分類しています。

●ADコンバータのアーキテクチャと分解能・サンプリングレートの関係は以下の通りです。

ADコンバータのArchitectureの違いによる特長は以下の通りです。

方式
長所
短所
用途
パイプライン型
中高速サンプリングレート
データの出力遅延
画像処理
無線機器
高速計測器
SAR(逐次比較)型
変換の開始・停止を任意に設定可能
データの出力遅延が無い
精度が悪い製品ではミッシング・コードが生じる
汎用
複数の信号処理
ΔΣ型
高分解能
ミッシング・コードを生じない
低サンプリングレート
分析・計測
オーディオ機器

セミナプログラムのご紹介

今回はTI社のADコンバータ製品セミナの導入部分をご紹介いたしました。 実際のセミナでは、今回紹介したADコンバータの使用方法をより詳しく説明しており、分解能・サンプリングレートの定理やADコンバータの選定方法についてもご紹介しております。

Agenda

  • ADコンバータってどんなもの?(4頁)
  • ADコンバータってどんなところで使うの?(2頁)
  • ADコンバータってどんなふうに使うの?(2頁)
  • ADコンバータはどんな特徴があるの?(15頁)
  • TIの製品にはどんな特徴があるの?(6頁)
  • TIのADコンバータの選び方(13頁)
  • 最後に-今回のまとめ-(2頁)

おすすめリンク