セキュアIoTプラットフォーム

セキュアIoTプラットフォーム

セキュアIoTプラットフォームは、革新的なIoT技術により、エンドユーザー側の“もの”に組み込まれるデバイスから、送信される情報やデバイスへの命令を“ネット”上で集約するクラウドまで、包括してセキュリティを確保したIoTプラットフォームを提供します。
また、デバイスからクラウド上まで一括したセキュリティにより情報漏洩・改ざんの心配はありません。
そして、デバイスからクラウド間でシームレスなセキュリティの仕組みを提供し、IoT機器開発の期間とコストを大幅に削減します。

メーカー

セキュア IoTプラットフォーム 概要

セキュア IoTプラットフォーム 特長

Security

End-to-End セキュリティ:
デバイス・クラウド間で一気通貫のセキュリティの仕組みを提供。
全ての信号のデバイス・クラウド間で暗号化され、複数のキーチェーン層を活用することによりシステム全体をハックすることは不可能とした上に、信号傍受によるIoT特有のハッキングにも対応したセキュリティ施策をプラットフォーム全体に埋め込んでいる。

Hub / Gateway

Dynamic HUB Technology:
一括提供されるプラットフォームにより暗号化・復号は通信の両端でしか行われず、中間のHUBやゲートウェイに専用の機器は不要で、既存のHUBなどをそのまま流用して低コストでのIoT環境の構築が可能。
また、Dynamic HUBにおいては、デバイス・クラウド間にて自動的に最適なHUBを経由して通信するため、ユーザーは現在どのデバイスがどのHUBにつながっているか…等を気にすることなく、シームレスな体験が可能となる。

Development & Usability

クラウドとダッシュボード:
デバイスおよびソリューションの管理・制御を行う機能がクラウドにあり、デバイスのリアルタイムデータを管理画面上のダッシュボードにてモニターできる仕組み。 またAPIの活用によって、他のクラウドとの連携やデータ分析等も可能。

Afero社BLEセキュリティ通信モジュール ASR-1

世界初の「セキュアなBLEモジュール “ASR-1”」を開発

ASR-1は、超低消費電力なシステムインパッケージ(SIP)Bluetoothデータ通信モジュールです。
7.5mm x 8.0mmと小型で既存基板への追加組み込みも容易です。センサーや照明などの単純制御なら、ASR-1単体にアンテナとバッテリーを加えるだけでコネクテッド化が可能です。産業機械などの高度なロジックが必要な物のIoT化には、既存のMCUにASR-1を追加して併用することで、どんなデバイスやプロダクトでも既存技術を再設計することなくコネクテッド化することができます。

スペック

  • Bluetooth 4.1
  • 寸法 7.5 x 8.0 x 1.8 mm
  • パッケージ : LGA
  • アンテナ : Pin pad
  • 最大出力 : +3.5dBm (@ antenna port)
  • 受信感度 : -92dBm
  • 消費電力(TX/Rxピーク) 15.5mA/14.5mA
  • ホストインターフェース : SPI
  • その他のインターフェース
    • 4 GPIO
    • 3ADC/ 1コンパレータ、外部リファレンス
    • デバッグ用 UART
  • 動作温度範囲 : -20 ºC to 75 ºC
  • RoHS 準拠
  • MSL Level 3 (JEDEC J-STD-020)