BioStampRCに関するFAQ

BioStampRCに関するFAQ

Q1 タブレット:BioStamp RCアプリを誤って削除したら

A1
次の手順でアプリをダウンロードし、再インストールして復帰します。
クラウドの研究ノート(Study)は、保持されます。

①キットに同梱されているQuick Startガイドを参考にタブレットの電源をONにする。

②画面の説明に添ってセットアップを完了させ、ホーム画面が表示されたら以下の手順に進む。

③[設定]→[ディスプレイ]→[スリープ]にて“30分”を選択。

④[設定]→[セキュリティ]にて“提供元不明のアプリ”をONにする。

⑤ [設定]→[タブレット情報]にて“システム更新”をクリック。システム構成が最新であることを確認する。※WiFiがONになっていることが前提。

⑥ホーム画面からGoogle Chromeを開く、ポップアップ画面にて“同意して続行”をクリック。
続いて表示されるアカウント追加は“いいえ“を選択。ブラウザ上部のテキストボックスに以下のURLを直接入力。
https://cdn.mc10cloud.com/mobile/setup
この種類のファイルはお使いの端末に…”のメッセージが表示されたら“OK”をクリック(Fig.2参照)、その後ダウンロードが開始される。

⑦ダウンロードが完了した後、スクリーン上部からドラッグダウンしてプルダウンメニューを開き、そのリストにinvestigator_app-v1.4.0.apk が表示されるのでクリック。(Fig.3参照)続いて“BioStamp RC”のインストール画面が表示されるので“次へ”をクリック。続いて“インストール”をクリック。その後表示される画面で“同意する”をクリック。インストールが終了した後に表示される画面で“完了”をクリック。その後Google Chromeを上部タブ☓ボタンクリックで終了させる。最後にスクリーン中央下の◯ボタンでホーム画面へ。

⑧ホーム画面の中央下部にあるアプリフォルダに入り“BioStamp RC”アイコンを長押し、アイコンをホーム画面に移動させる。(Fig.4参照)

⑨スクリーン上部からドラッグダウンしてプルダウンメニューを開き、WiFiとBluetoothがONになっていることを確認する。(Fig.5参照)

⑩“BioStamp RC”アプリを開く、アプリに最新バージョンが存在している場合、アップデートを促す画面が自動的に表示される。(Fig.6参照)その画面にて”INSTALL THIS VERSION”をクリック、次に”YES”をクリック、次に”インストール“をクリックしてインストール開始。インストールが終了したら”完了“をクリック。再びアプリを開き、ログイン画面にてApp versionが最新であることを確認。

⑪ホーム画面の右下の□アイコンをクリックし、右上の“すべてクリア”をクリック。

⑫電源ボタンを長押し、表示されたメニューより“電源を切る”をクリック、続いて“はい”をクリック。

Q2 センサ:センサをStudy(研究ノート)から指定解除せずにStudyを削除した場合のセンサの復帰方法

A2
一般的にはStudyを削除する際、事前に必ず使用したセンサに対しUNASSIGN処理(指定解除)を行ってください(Fig.7参照)。UNASSIGN処理を行わずにStudyを消した場合、そのセンサは他のStudyへのASSIGN(指定)が不可能になります。
センサは、次の方法で復帰可能ですが、クラウドに上げずにセンサ内に取得保留されていたデータは失われます

①タブレットのホーム画面の右下の□アイコンをクリック

②右上の“すべてクリア”をクリックすることでアプリを停止

③[設定]→[アプリ]からBioStamp RCを選択し、アプリ情報内メニューより“データを削除”を行ってください(Fig.8参照)。

④その後BioStamp RCを起動させ、ログイン処理(ID、パスワード入力)を行う。これで全てのセンサがUNASSIGN状態になります。

Q3 タブレット:計測データのクラウド同期(SYNC DATA)がエラーになる、もしくはHTTP ERROR=504等のネットワークエラーが発生する

A3
回線に過度のトラフィックが発生している可能性があります。


別の回線を試していただくか、時間をおいて再度お試しください。解消しない場合は、併せて、項目『Q4アプリの動作が不安定、全体的な…』の内容もご参照ください。

Q4 タブレット:アプリの動作が不安定、全体的なパフォーマンスが低下している。 

A4
タブレット内の別のアプリが動作低下の原因になっている可能性があります。
次の手順でタブレットのメモリ負荷を軽減してください。

ご注意:本アプリに使用するタブレットは、原則としてBioStamp RC向けアプリを動作させる目的に限定されます。BioStamp RC以外のアプリのタブレットへインストールは、動作不具合の原因となる可能性がございますので推奨いたしません。BioStamp RC向けアプリ以外のアプリをインストールしたタブレットで発生したBioStamp RCの動作不具合につきましては動作保証対象外となります。

①ホーム画面の右下の□アイコンをクリックし、右上の“すべてクリア”をクリックする事で全ての動作中アプリを停止

②その後[設定]→[アプリ]からBioStamp RCを選択し、アプリ情報内メニューより“キャッシュを消去”もしくは“データを削除”を行って下さい(Fig.8参照)。なお上記手順にて“データを削除”した場合は、改めてBioStamp RCのログイン処理(ID、パスワード入力)が必要です。

Q5 タブレット:タブレットを出荷時の初期設定に戻す(BioStampRC再インストール手順)

A5
タブレットの設定及びアプリ構成を出荷時の状態に戻す場合は下記の手順をご参照ください。

BioStamp RC再インストール手順 :
[設定]→[バックアップとリセット]→[データの初期化]をクリック(Fig.9参照)、その後表示される画面にて“タブレットのストレージを消去しますか?”にチェックが付いていることを確認後、“タブレットをリセット”をクリック、続いて“全て消去”をクリック。

②リセットが完了するまで待つ。

③タブレット初期化画面が立ち上がったら、項目A1③以降を実施する

Q6 時刻:センサ計測における時刻データの精度について

A6
BioStamp RC向けアプリでは計測開始時(Start Recording押下時)にNTPサーバの時刻を取り込みセンサ内部のRTC(リアルタイムクロック)を時刻校正します。RTCのドリフト特性は、Max 10ppm(24時間の計測データで最大1秒のドリフト)となっております。

Q7 時刻:他機器データとの時刻同期について

A7
他機器データとの同期についてはQ6のRTCドリフトを念頭に入れご検討ください。BRCで取得されたデータはmc10のクラウド(Investigator Portal)からCSV形式でダウンロードできますが、他機器データとの同期状態やデータ品質については、mc10社の保証対象ではございませんのでご承知おきください。

Q8 API:Web APIについて

A8
クラウド・ポータル画面下にあるAPI Docsのリンク先 (https://www.mc10cloud.com/apidoc/)にて公開されているWeb APIの一覧を確認することが可能です。これらを利用することにより必要なデータに対しHTTPリクエストをかける事が可能となります。


※なおセンサデバイス⇔タブレット間のAPIについては非公開となっております。すなわち本製品はMC10が管理するクラウドを介してのデータ利用が前提となっております。

Q9 タブレット:アプリのバージョン更新について

A9
タブレット上のBRCアプリの更新は適宜実施されており更新を促すポップアップにて通知されます。更新しない状態ではアプリが使用できない場合がありますので、ポップアップの手順に従いWiFi環境の良好な場所でアプリバージョンの更新を行ってください。

Q10 センサ:センサのファームウェアの更新について

A10
センサファームウエアの更新が必要な際は、タブレットにセンサをアサインした時点でポップアップでの通知があります。更新しない状態ではセンサが使用できませんので、ポップアップの手順に従いWiFi環境の良好な場所でファームウェアの更新を行ってください。