光マトリックス・スイッチ

光マトリックス・スイッチ

Polatis社では、独自技術“DirectLight®”を用いたマトリックス・スイッチを製造しています。DirectLight®を用いることで、シンプルな光学・構造設計が可能となり、高信頼性・低損失を実現しています。

DirectLight®の動作原理と特長

コリメータを用いて、入力ポートと出力ポートを空間結合します。さらにピエゾを用いて各コリメータの角度を制御することで、光路切り替えを行います。

<特長>

  • 空間結合による光学設計により、低挿入損失を実現。また、ハイパワーの光信号にも対応。
  • 低挿入損失かつ双方向性を持つため、インライン用として使用可能。
  • 各コリメータに対し位置センサによるフィードバックを行っているため、光信号が導通していない状態でもスイッチングすることが可能。
    複数ノードにまたがる光パスの運用が可能。
  • 同機能により振動・衝撃に対する安定動作、高精度の切替え再現性を実現。
  • ピエゾでコリメータの角度制御速度の調整が可能なため、切替え後の光信号強度の揺らぎ(リンギング)を低減。

製品ラインナップ 1000シリーズ

シングルモード・タイプのマトリックス・スイッチです。最大32×32までの構成をとることが可能です。

<特長>

1000シリーズ
  • ノン・ブロッキング
  • 広い動作波長範囲(1270〜1675nm)で低損失を実現
  • 低消費電力
  • 対称タイプ(N×N)、非対称タイプ(N×M)を選択することが可能
スタンダードタイプに下記機能を付加することも可能です。

Reconfigurable
ユーザ側で、各ポートを個別に入力ポートあるいは出力ポートとして設定することが可能です。 (例:1×31、2×30、15×17あるいは16×16など)

PM&VOA
光パワーモニタと可変減衰器(Variable Optical Attenuator)を追加したタイプです。

フロントパネル
フロントパネルからスイッチ設定を行うことが可能です。

1000シリーズ機能比較表

モデル名 OST OST-R VST VST-R OSD OSD-R VSD VSD-R
用途・タイプ シングルモード(1270〜1675nm)の19"ラック・タイプ
ポート
構成
基本構成 N = 4, 8, 12, 16, 20, 24, 28, 32
M = 4, 8, 12, 16, 20, 24, 28, 32
入力×出力 N×N
N×M
N N×N
N×M
N N×N
N×M
N N×N
N×M
N
機能 スタンダードタイプ              
追加
機能
Reconfigurable        
PM & VOA        
フロントパネル        
モデル名 Trinity Trinity-R OSM OSM-R
用途・タイプ

映像信号を
光スイッチングする
オールインワンタイプ

シングルモード
(1260〜1625nm)の
モジュール・タイプ
ポート構成 基本構成 N = 4, 8, 12, 16, 20, 24, 28, 32
M = 4, 8, 12, 16, 20, 24, 28, 32
入力×出力 N×N
N×M
N N×N
N×M
N
機能 スタンダードタイプ    
追加機能 Reconfigurable    
PM & VOA        
フロントパネル        

製品ラインナップ 2000シリーズ

シングルモード・タイプのマトリックス・スイッチです。48×48から96×96までの構成をとることが可能です。

<特長>

2000シリーズ
  • ノン・ブロッキング
  • 広い動作波長範囲(1270〜1675nm)で低損失を実現
  • 低消費電力
  • 対称タイプ(N×N)、非対称タイプ(N×M)を選択することが可能

製品ラインナップ 3000シリーズ

マルチモード・タイプのマトリックス・スイッチです。最大16×16までの構成をとることが可能です。

<特長>

3000 シリーズ
  • ノン・ブロッキング
  • 低消費電力
  • 対称タイプ(N×N)、非対称タイプ(N×M)を選択することが可能

製品ラインナップ 6000シリーズ

4×4から最大192×192のポート構成から選択でき、最大ポート数でも3Uサイズを実現可能です(MTPコネクタの場合)。
低挿入損失・低消費電力で100Gbps以上の伝送、データセンター、試験系の大容量化にも最適です。

<特長>

6000シリーズ
  • ノン・ブロッキング
  • 最大192 x 192ポート、N x M構成も可能
  • 小サイズ
  • 低挿入損失

製品ラインナップ 6000 Liteシリーズ

1RUのサイズに48x48のポート構成および25Wという低消費電力を達成しました。
SDN/OpenFlowに対応しており、ご要求に応じたネットワークの構築がフィールドでも可能です。

<特長>

6000 Liteシリーズ
  • ノン・ブロッキング
  • 小サイズ、低消費電力
  • 低挿入損失
  • SDN/OpenFlow対応

データセンタでのSDN構成例

SDN構成例

お問い合わせ

〒103-8577 東京都中央区日本橋大伝馬町8-1
丸文株式会社 システム営業本部 営業第3部
Tel:03-3639-9811/Fax:03-3662-1349

お問い合わせはこちらから→