音声検査症例集 -音響分析による音声検査-

音声検査症例集 -音響分析による音声検査-

県立広島大学 保険福祉学部 コミュニケーション障害学科 今泉 敏先生/倉敷中央病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 土師 知行先生監修による音声検査症例集です。
高精度な各種音響音声分析を実現した音響分析装置を用い、サウンドスペクトログラム、パワースペクトル、MDVP等の分析結果を用い、より視覚的に客観的な評価を実現しています。

※音声検査症例集ご希望の方はこちらからどうぞ
(メーカーサイト)

音声分析による音声検査の目的

  1. 音声障害の客観的障害
    (PPQ、APQ、NHRなどの有効な音響パラメータ)
  2. 治療効果の客観的評価
  3. 音声障害の早期検出
    (咽頭がんのスクリーニングなど)
  4. 音声障害の特徴研究
  5. 音声障害によるQOLへの影響の評価
    • Voice Handicap Indexなどとの関連
    • はなしことば、音声コミュニケーションとの関連
  6. 声帯振動との声の音響的・聴覚的心理的特性との関係の評価・研究

販売に関するお問い合わせ

丸文株式会社 システム営業本部 営業第1部
PENTAXMedical 音響分析・音声解析・発音発語訓練機器担当
〒103-8577
東京都中央区日本橋大伝馬町8-1
TEL.03-3639-9814 FAX.03-3661-7473
Eメール kaypentax@marubun.co.jp