スピード&方向センサ

スピード&方向センサ

磁気抵抗、可変リラクタンス、ホール効果、可変インダクタンス、スパイラルテクノロジーを用いて、速度や位置、存在を検出するために使われます。

特長

  • 高い信頼性と長寿命化を実現する設計です。
  • 移動する非鉄金属または磁石ターゲットの速度、位置、および存在を測定および検出します。
  • ターゲットに接触することなく検知され、可動パーツもありません。そのため、センサやターゲットの機械的摩耗がありません。
  • 高温対応、複数コイル、トルク/タイミングVRS(可変リラクタンス)スピードセンサなどのオプションもご利用いただけます。
  • 複数のテクノロジーを用いて、磁場の変化を検知し、コントロールシステムインターフェース用の電子信号を生成します。

アプリケーション例

カムシャフトとクランクシャフトの速度と位置、トランスミッション速度、ファン速度、ポンプ、混合機、ローラー、コンプレッサ、工業プロセス制御、エンジンとモーターの回転数、車輪速度、タコメータなどに使用できます。