3次元マイクロフォーカスX線検査装置(3次元斜めCT機能付)XVA-160N

3次元マイクロフォーカスX線検査装置(3次元斜めCT機能付)XVA-160N

電子部品の接合部等を高拡大、高精彩な画像で立体的に解析できるマイクロフォーカスX線検査装置です。独自のユーセントリック機能により、着目したポイントをあらゆる角度から3次元的に解析することが可能です。さらに、新開発の3次元斜めCT(Noix)(※オプション)を搭載することで、あらゆる方向からCTスライス像を観察することが出来ます。

<標準仕様>

  • 高倍率(幾何学1,000倍)
  • ユーセントリック機能
  • 露光時間可変機能
  • Xanalizer搭載
  • 可視光マッピング機能

<オプション機能>
  • 3次元斜めCT機能(Noix-Light/ Noix)
  • 直交CT機能(Presto シリーズ)
  • 低エネルギー高コントラスト発生器(130kv仕様)

着目中心回転を可能にしたユーセントリック機能開発!!

ユーセントリック機能は拡大・縮小・回転透視などを行う際に着目する位置を基準に動作できるため、検査部位の見逃しがありません。この機能はマニプレーターで掴んでまわしたり、発生器やカメラ部位を傾けるだけでは得られない操作性を実現しています。
(特許取得済み:No.3657768)

世界初の3次元斜めCT(Noix)開発!!

独自のユーセントリック機能を使用して、斜め方向からX線を照射し、360度方向から撮影することにより、今までのCTでは撮影不可能であったPCのマザーボードのような基板でも、破壊することなく高拡大で観察することができる世界初の3次元コーンビームCTです。
(独立行政法人産業技術研究所と共同特許取得済み:No.3694833)

XVA Series 撮影事例

関連ソリューション