Megitt(OC)社 加速度センサ較正サービスのご案内

丸文株式会社では、長年に渡って世界の優秀なセンサ・計測機器を取り扱ってきた技術の蓄積をベースに、良きパートナーである米国Meggitt(OC)社の協力を得て、NISTに準拠した加速度センサ較正サービスを実施致しています。お客様の計測品質の確保のため、Meggitt(OC)社では年1度のセンサ較正を推奨しています。是非、迅速で高精度な加速度センサ較正サービス をご利用ください。

通常センサ校正(応答周波数:20Hz-45kHz):

米国Meggitt(OC)社較正サービスNo.CS130 (*1) に準じる比較較正で、シェイカーアマチュアに内蔵されている標準加速度計MODEL 2270M7Aとの比較校正となります。
  • 100ms-2(10G)、100Hzにおける基準感度pC/ms-2(G)またはmV/ms-2(G)
  • 100Hzを基準感度(0%)とした時の20Hzから45kHzにおける周波数応答曲線
  • 共振周波数表示 [Hz]
  • 100Hzにおけるセンサ静電容量 [pF] (オプション)

低周波センサ校正(応答周波数:1Hz-50Hz):

低周波用エアーベアリングシェイカーを使用し、実施される較正で、Meggitt(SJC)社 MODEL 7751-500アンプ内蔵型センサーとの比較較正となります。
  • 10ms-2(1G)、30Hzにおける基準感度 pC/ms-2(G)またはmV/ms-2(G)
  • 30Hzを基準感度(0%)とした時の1Hzから50Hzにおける周波数応答曲線
  • 30Hzにおけるセンサー静電容量 [pF] (オプション)
校正成績書をお出しします。またオプションとしてNISTトレーサブルの校正証明書発行を承ります。
*1 CS130 COMPARISON CALIBRATION(比較較正) UUT(Unit Under Test被試験ユニット)は、Meggitt(SJC)社標準加速度計MODEL 2270と比較試験されます。 この2270標準加速度計は、NISTトレーサブルです。 校正精度は100Hzにて±1%で、応答周波数(20Hz-10kHz)及び共振周波数(50kHzまで)の試験が実施されます。