ルビジウム周波数発振器 SA.22c

ルビジウム周波数発振器 SA.22c

世界中の数多くの携帯電話基地局や放送基地局にてルビジウム発振器SA.22cが活躍しています。SA.22cは、X72の後継機種として、Microsemi FTD社の主力モデルとなっており、月産数千台を製造販売しています。

主な特長

  • 多様な帯域の周波数(矩形波)を出力可能
  • 外部 1PPS信号への同期(GPS受信機とのインテグレーション可能)
  • 周波数確度:<±5E-11(25℃、出荷時 )
  • エージング:<±5E-11/月(標準プロファイル)
  • 動作温度:-10から +75℃
  • 寸法:112.4mm(L) x 78.2mm(W) x 23.1mm(H)
  • RoHS対応モデル
  • 消費電力:起動時 18.5W、動作時 10W@25℃

お問い合わせ

〒103-8577 東京都中央区日本橋大伝馬町8-1
丸文株式会社 システム営業本部 営業第3部
Tel:03-3639-9811/Fax:03-3662-1349

お問い合わせはこちらから↓

関連商品