ユニハイトシステム X線検査装置

半導体・電子部品・電子機器・電池などの高密度化、3次元化の進展及び各製造メーカー様の信頼性評価・解析に関する取組みの強化に伴い、3次元X線CTのニーズが高まっています。開発セクションにおける製品信頼性評価、信頼性保証部門における故障解析など、様々な分野で3次元X線CTが使用されております。丸文株式会社では、ユニハイトシステム製3次元X線CTシリーズ(3DCT)をご提案することで、お客様の信頼性評価・解析のお役に立ちたいと考えております。 また、ハイエンド解析向けX線技術で培ったノウハウをベースに、生産現場向けX線透視装置、X線CT装置のご提案もしております。

丸文株式会社は株式会社ユニハイトシステムの総販売代理店です。
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!!

電話番号:03-3639-9823

お問い合わせフォームはこちら


3DCTシリーズ

3D-CTシリーズ

・高分解能3次元X線CTシステム XVA-160α

XVA-160αは3次元斜めCT機能、コーンビームCT機能を搭載し ナノレベルの非破壊解析を実現した、ハイエンド・高分解能3次元X 線CTシステムです。

詳細は写真をクリック→
高分解能3次元X線CTシステム XVA-160α
【特長】
  • ユーセントリック機能標準搭載
  • 幾何学1600倍の高倍率を実現
  • ナノオーダーのフォーカスサイズを実現
  • 3次元斜めCT標準搭載
  • 直交CT(コーンビームCT)搭載可能

・高分解能3次元X線CTシステム XVA-160N

XVA-160Nは3次元斜めCT機能、コーンビームCT機能を搭 載した、スタンダードモデルの高分解能3次元X線CTシステムです。

詳細は写真をクリック→
【特長】
  • ユーセントリック機能標準搭載
  • 幾何学1000倍の高倍率を実現
  • 焦点寸法切替機能(1μm・0.4μm)搭載可能
  • 3次元斜めCT機能搭載可能
QFP解析事例
【BGA解析事例】
BGA解析事例
【解析画像】

3次元斜めCT (Noix)

3次元斜めCT(Noix)は、通常のCTでは断層撮影が不可能であったアスペクト比の大きいサンプルの断層撮影をするために、ユニハイトシステムと産業総合研究所が共同で開発した新しいCT技術です。
斜め方向からX線を透過し、高精度でステージを360度回転させながら、透過X線の画像を角度ごとに収集し、独自のアルゴリズムで計算させることによって、断層画像を得ることができます。

詳細は写真をクリック→

ユーセントリック機能

ユーセントリック機能は拡大、縮小、斜め、回転透視などを行う際に、着目する位置を基準にサンプルが動作できるため、検査部位を見逃すことがありません。従来製品のようにマニプレーターで掴んで回したり、発生器やカメラ部を傾けるだけでは得られない操作性を実現しています。

詳細は写真をクリック→

CTとX線用語集

ユニハイトシステムの独自技術だけでなく、CTとX線に関する一般的な用語についての説明集です。辞書代わりにお使いください。

詳細は写真をクリック→

X線CT受託解析サービス

ユニハイトシステム製X線CTシステムにて受託解析を行います。

詳細は写真をクリック→