【無料】Webセミナー開催のご案内 〜【3 Days】丸わかり!ミリ波レーダによるセンシング技術〜

配信日時:1日目:11月30日(火)13:00~14:30 ・2日目:12月1日 (水)13:00~14:50 ・3日目:12月2日 (木)13:00~14:20

丸文株式会社主催Webセミナーのご案内です。
近年、自動車業界のみならずさまざまな産業分野でミリ波レーダの活用が進んでいます。
このたび、【3 Days】丸わかり!ミリ波レーダによるセンシング技術と題して、さまざまな外部講師の方々をお招きし、ミリ波レーダの基礎や非接触バイタルセンシングへの応用、また低消費電力で高精度なミリ波レーダソリューションについて解説します。
※1日だけの参加も大歓迎です。

講師:エスタカヤ電子工業株式会社 開発事業部 レーダー開発部 主事 渡邉 礼方 様(Day1に登壇)
レーダは高周波技術、算術演算(アルゴリズム)、マイコンやFPGAなどの信号処理、それぞれのバランスが重要です。他のセンサと違ってアルゴリズムのウェイトが高く、現在も活発な研究がおこなわれていて演算次第では様々な分野への応用が可能ですが、その特長故に扱い方の難しさもあります。
当社製レーダモジュールはTITANシリーズと呼ばれ、独自技術により高精度、小型化を実現しました。付属の専用アプリケーションはレーダの深い知識がなくても容易な検証を可能にしています。アンテナにもバリエーションを持たせていますので最適なレーダモジュールをお選びいただけます。日本国内の電波法取得はもちろんのこと、量産転用可能なモデルもございますので、少ないコストで最新の技術をお客様の製品にご使用いただけます。

講師:京都大学大学院工学研究科電気工学専攻 准教授 阪本 卓也 様(Day2に登壇)
ミリ波による非接触バイタルセンシングは、センサ装着やカメラ撮影などを要さず、遠隔から非接触で呼吸や心拍などのバイタルサインを計測できるため、コロナ後のスマート社会構築に向けたキーテクノロジーとして期待されています。本ウェビナーでは非接触バイタルセンシングの基本原理から応用例まで、講師らの研究チームの取り組みを中心に紹介します。

講師:株式会社マリ 開発本部長 奥村 成皓 様(Day2に登壇)
2021年2月から発売しております研究用機器「ミリ波レーダ非接触見守りセンサ VitaWatcher」のご紹介をベースに京都大学様との共同研究を通した開発の経緯、レーダモジュール評価キットを用いた開発状況についてご紹介させていただきます。加えまして弊社が考える今後の展開についてお話しさせていただきます。

講師:Acconeer AB 日本代表 富田 寿晃 様(Day3に登壇)
ここ数年ミリ波レーダのユースケースが世界中で広まっております。弊社独自のパルス・コヒーレント・レーダ技術で、近距離向け及び超低消費電力の新たなレーダソリューションをご提案します。
製品紹介に加えていくつか具体的なユースケースを踏まえてご紹介いたします。

講師:丸文株式会社 ディオネカンパニー Expert 鶴田 栄治
ここ数年ミリ波レーダを取り巻く環境は劇的に変化をしております。従来車載向けで展開されておりましたが、CMOS Single CHIPのRadar ICがReleaseされたことにより、いろいろなアプリケーションでの採用が広がっております。今回は3日間でハードウェアからアプリケーションまでミリ波レーダの最先端をご体感いただける内容をご用意いたしました。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

講師:丸文株式会社 デバイスソリューション企画部 第2課 秋元 拓真
ミリ波レーダは様々な対象および環境下におけるセンシングを可能であり、多様なユースケースが存在します。今回は各社から提供されている評価用ツールを用いて、いくつかのユースケースに適した使い方についてご紹介させていただきます。実際に評価される際の参考としていただき、ご評価を通してミリ波レーダモジュールの可能性を感じ取っていただけますと幸いです。

Day1:ミリ波レーダとは? 11月30日開催

エスタカヤ電子工業社製レーダモジュール TITAN (タイタン)は同社の独自の技術により高精度かつ小型化を実現しました。
電波認証取得済みですので、ご購入後すぐにフィールドに持ち出して評価することが可能です。
さぁ、いますぐミリ波レーダをはじめてみよう!

こんな方へおすすめ

  • はじめてミリ波レーダを検討される方
  • 比較的長距離のセンシング(10m以上)を検討されている方
  • アプリケーション応用例について知りたい方
  • ミリ波レーダの実際の使用方法について知りたい方

タイムテーブル・11/30(火)

時間 内容 講師
13:00〜13:10 Greeting:
エスタカヤ電子工業社製ミリ波レーダ ユースケースのご紹介
(10min)
丸文株式会社
ディオネカンパニー
鶴田 栄治 (Marketing)
13:10〜13:55 Session1:
ミリ波レーダーの基礎
(45min)
エスタカヤ電子工業株式会社
開発事業部 レーダー開発部 主事
渡邉 礼方 様
13:55〜14:15 Session2:
評価ツール TitanDemoKitAppの使いこなしのヒント
(20min)
丸文株式会社
デバイス・ソリューション企画部 第2課
秋元 拓真 (Field Application Engineer)
14:15〜14:25 Q & A
(10min)
 
14:25〜14:30 Close  

Day2:ミリ波レーダによる非接触バイタルセンシングの最新動向 12月1日開催

新型コロナウイルスにより保育・介護・医療の現場での接触リスクや人手不足が大きな社会問題となっており、ミリ波レーダの応用事例の一つである「非接触バイタルセンシング」が大きな注目を集めています。
ヒトをセンシングする新たなセンサとして活用してみませんか?

こんな方へおすすめ

  • 新しいセンサ技術を知りたい方
  • ミリ波レーダを応用した非接触バイタルセンシング技術について知りたい方
  • 見守り等の用途でミリ波レーダをご検討の方

タイムテーブル・12/1(水)

時間 内容 講師
13:00〜13:05 Greeting:
ミリ波レーダエコシステムのご紹介
(5min)
丸文株式会社
ディオネカンパニー
鶴田 栄治 (Marketing)
13:05〜14:05 Session1:
ミリ波レーダによる非接触バイタルセンシングの最新動向
(60min)
京都大学大学院工学研究科電気工学専攻
准教授
阪本 卓也 様
14:05〜14:35 Session2:
非接触Vital Sensing製品展開 VitaWatcherのご紹介
(30min)
株式会社マリ
開発本部長
奥村 成皓 様
14:35〜14:45 Q & A
(10min)
 
14:45〜14:50 Close  

Day3:低消費電力で高精度なレーダソリューションの紹介と応用事例 12月2日開催

Acconeer(アッコニア)社では独自のPulsed Coherent Radar(PCR)テクノロジーを搭載したMMIC(A111)を開発しました。5.5mm x 5.2mm という極小パッケージ内に送受信アンテナを各1chずつ搭載し、小型・近距離・低コスト・低消費電力が求められるアプリケーションに最適なソリューションを提供します。

こんな方へおすすめ

  • アプリケーション応用例について知りたい方
  • 低消費電力および低コストなミリ波レーダにご興味のある方
  • 焦電センサや超音波センサの性能に満足していない方
  • ミリ波レーダの実際の使用方法について知りたい方

タイムテーブル・12/2(木)

時間 内容 講師
13:00〜13:05 Greeting:
ミリ波レーダエコシステムのご紹介
(5min)
丸文株式会社
ディオネカンパニー
鶴田 栄治 (Marketing)
13:05〜13:45 Session1:
Acconeer社の製品紹介とユースケースのご紹介 
(40min)
Acconeer AB
日本代表
富田 寿晃 様
13:45〜14:05 Session2:
評価ツール Acconeer Exploration Toolの使いこなしのヒント
(20min)
丸文株式会社
デバイス・ソリューション企画部 第2課
秋元 拓真 (Field Application Engineer)
14:05〜14:15 Q & A
(10min)
 
14:15〜14:20 Close  

参加費用・形式

  • 費用:無料
    ※同業他社のご参加はお断りする場合がございます。
  • 形式:Webセミナー
    ※Cisco社Webex Eventsを利用
  • パソコン、タブレット、スマートフォンの下記ブラウザからご覧いただけます。
    • Google Chrome (推奨)
    • Chromium
    • Edge
    • Firefox
    • Internet Explorer
    • Safari
    ※推奨ブラウザはGoogle Chrome
    ※Internet ExplorerやEdgeの場合はプラグインのインストール等が必要になります。