モレックス(molex)LoRa周波数帯で動作する柔軟なホイップアンテナ「LoRa外付けアンテナ」を発表

2020/11/12
商品情報

モレックス(molex)LoRa周波数帯で動作する柔軟なホイップアンテナ「LoRa外付けアンテナ」を発表

当社取扱いメーカであるモレックス(molex)は、LoRa周波数帯で動作する柔軟なホイップアンテナ「LoRa外付けアンテナ」を発表しました。

モレックスのLoRa外付けアンテナは細い線型のホイップアンテナで、LoRa周波数帯で動作し、高い性能と360°の優れた指向性カバレッジを提供します。LoRaは米国のLoRaアライアンスが策定する新たなワイヤレス通信システムで、使用される周波数帯は地域によって異なり、日本では920MHz-928MHzが割り当てられています。

LoRa外付けアンテナの主な特長

  • サイズは長さ196.00mm、本体重量は23.5gで、動作温度は-40〜+ 85°Cに対応
  • 最大2.5dBiのピークゲインおよび75%の放射効率で、強力で安定したワイヤレス接続を提供
  • 高周波数帯の866および915MHzのLoRa周波数帯で動作し、長距離のカバレッジを提供

※スマートシティ、スマートメーター、パワーデバイス、スマートロジスティクスなどの産業用、農業におけるIoT、IoTおよびITインフラストラクチャなどのIoTといった用途に適しています。

モレックスについて

当社取り扱いメーカであるモレックスは、未来の変革とより豊かな生活を実現させるテクノロジーを可能にすることでつながる世界を支えていく。世界40ヵ国以上で事業を展開し、データ通信、医療、インダストリアル、自動車、家電などの様々な市場に広範な接続システム、サービスおよび電子ソリューションを提供している。