ミリ波レーダモジュール評価キット TITANのご紹介

ミリ波レーダモジュール評価キット TITAN(タイタン)をご紹介します。
電波認証取得済みですのですぐにフィールドでご評価いただくことが可能です。

ミリ波レーダのモチベーション

ミリ波レーダモジュール評価キット = TITAN

ミリ波レーダとはなんでしょうか?
一言で言えば、『ミリ波帯域を使用して物体を検知する非接触センシング技術』です。複数の送受信アンテナを備え、ミリ波レーダから対象物(物標)までの
・距離
・相対速度
・角度
を測定することが可能です。

従来より24GHz帯ミリ波レーダは自動車分野を中心に活用されていましたが、RF帯域幅が狭いことできめ細やかな物標検知を実現することはできませんでした。しかし昨今、多くの半導体ベンダーが60/76/79GHz帯に対応したMMIC(Monolithic Microwave Integrated Circuit)の開発を進めており、ミリ波レーダの大幅な性能改善・小型化ができるようになってきています。これにより自動車業界のみならず産業分野でミリ波レーダの活用が検討されていますが、一方で、60/76/79GHz帯を日本国内で使用するには電波認証を取得する必要があり、活用面で大きなボトルネックになっています。

当社はこの問題を解決するべく、ミリ波レーダモジュール評価キット TITAN(電波認証取得済み)を販売しております。これにより、お客様は法規的な制約にとらわれず、様々なフィールドでミリ波レーダ技術をご体感いただけます。

TITANラインナップのご紹介

ミリ波レーダモジュール評価キット TITANは、PCとUSB接続するだけで簡単に評価することが可能です。また、日本語のマニュアルや評価用ソフトウェア(TitanDemoKitApp、RawDataCapture)が評価キットに付属しています。

T14シリーズ

T14は79GHz帯ミリ波レーダモジュールで、アンテナパターンとして方位角分解に特化した2D、方位角分解に加え仰角分解能を持たせたバランスタイプの2.5D(2R5D)に対応しています。
MMIC内部に信号処理用のHWアクセラレータを内蔵しており、物標検出に必要なレーダ信号処理をすべて実行することが可能です。また、RawDataCaptureを使用することで、IF信号のRawData (レーダ信号処理前のデータ)をリアルタイムに取得することが可能で、フィールドでの実地評価はもちろん、レーダ信号処理の研究にもおすすめのモデルです。
さらに、2Dモデル(T14_01120112_2D)においては無償のデモ・ソフトウェアとしてT14 Radar Showcaseを動作させることが可能です。

T16シリーズ

T16は79GHz帯ミリ波レーダモジュールで、アンテナパターンとして2Dに特化(方位角分解能に特化)しており、短距離から長距離向けまで幅広いFoV(Field of View)をサポートしています。
T14と同様に物標検出に必要なレーダ信号処理をすべて行うことができるとともに、MMICに内部に高性能なDSPを内蔵しており、より複雑な信号処理をおこなうことが可能です。例えば、T16ベースの量産機でPathPartner社のPP Radar SDKを組み込んで動作させることも可能です(本SDKはT14 Radar Showcaseを使用して無償でご評価いただけます)。

ご注意:
T16はRawDataCapture機能をサポートしておりません。

T18PEシリーズ NEW

T18PEは76/79GHz帯ミリ波レーダモジュールです。
アンテナパターンとして従来の2D、2.5Dに加え、TITANシリーズで初めて3D(立体検知)に対応しました。また、新たに76GHz帯のロングレンジ向けモジュールをラインナップに追加することで、活用シーンの幅を広げています。さらに、MMICを刷新することでレーダ信号処理用のHWアクセラレータおよびDSPを1-chipに統合し、T14/T6に比べて信号処理能力が大幅に向上しました。

これらの性能の進化に加え、パッケージングを単純化することでより安価な構成を実現しています。

ご注意:
T18PEはRawDataCapture機能をサポートしておりません。

TITAN評価用ソフトウェア

TitanDemoKitApp

TITANの各モデル共通の評価用ソフトウェアです。TITANとPCを接続するだけですぐに使用することが可能です。詳細はこちらをご確認ください。

RawDataCapture

RawDataCaptureを使用することで、 IF信号のRawDataをリアルタイムに取得することが可能です。詳細はこちらをご確認ください。

ミリ波レーダ活用のアイデア ~可能性は無限大~

ミリ波レーダはどのようなアプリケーションに活用することができるでしょうか?すこし考えてみただけでもこんなにたくさんあります。

技適証明取得済みの評価キットですので、アンテナやRFの詳しい知識は必要ありません。開発者のアイデア次第で様々な用途にご活用いただくことが可能です。

まとめ

今回はミリ波レーダモジュール評価キット TITANの概要についてご紹介しました。既存のセンサに高精度なミリ波レーダを組み合わせることで、更に革新的なセンシングを実現することもできるでしょう。ぜひTITANを貴社アプリケーションにご活用をください。なお、TITANはあくまで機能性能評価を目的としておりますので、品質の保証はございません。量産におかれましては、お客様の要求仕様に合わせて再設計の上、品質を保証したレーダモジュールをご提供しますので、詳細はお問い合わせください。
 
次回は、そもそもミリ波って何?というところについて簡単に解説したいと思います。どうぞご期待ください!


おすすめリンク