できるMPLAB® X IDE [開発環境準備編]

Microchip Technology 社(以下、Microchip社と表記)のMCU 製品を使用する場合に必要な統合開発環境、MPLAB X IDE について説明します。
開発環境準備編では開発環境について説明します。

「できるMPLAB X IDE」は以下の順番で、MPLAB X IDE を説明します。

開発環境で行うこと

MCUやMPUを動作させるためは、次のような作業が必要です。

① 実行したい動作をプログラムとして記述します。
② プログラムを実行コードに変換(コンパイル・リンク)します。
③ 実行コードを読める場所(メモリ)に書き込みます。
④ 命令通りに実行できているか確認(デバッグ)します。

これらの一連の作業を行えるのが統合開発環境(Integrated Development Environment、略してIDE)と呼ばれます。

MPLAB X IDE

Microchip社は、統合開発環境としてMPLAB X IDEを提供しています。
MPLAB X IDEは、Microchip社の提供するマイコン(MCU)・プロセッサ(MPU)製品に対して以下のような機能をサポートしています。

  • プロジェクト管理
  • プログラム入力・編集
  • コンパイル・リンク
  • デバッガやシミュレータによるデバッグ支援
  • 様々なプラグインによる機能拡張

MPLAB X IDEは以下のマイコン製品に対応しています。

プログラマ/デバッガ

プログラムの実行にはシミュレータか、MCU/MPUが搭載された基板と通信するプログラマ/デバッガを使用します。

MPLAB X IDEに対応しているプログラマ/デバッガ

MPLAB® ICD4

MPLAB® ICD 4

●高速で高機能
●外部電源に対応して1A供給

MPLAB® PICkit™ 4

MPLAB® PICkit™ 4

●PCレスでの書き込みに対応
●バランスの良いコストパフォーマンス

MPLAB® Snap

MPLAB® Snap

●廉価版のプログラマ/デバッガ

Debugger Adapter Board

Debugger Adapter Board

●プログラマ/デバッガと組み合わせて使⽤
●JTAG接続を含め各種接続用のコネクタを用意
●リボンケーブルでターゲットと接続可能

プログラマ/デバッガの機能比較

機能
MPLAB Snap MPLAB PICkit 4 MPLAB ICD 4
対応MCU/MPU※1 PIC, AVR, dsPIC, SAM PIC, AVR, dsPIC, SAM PIC, dsPIC, SAM
プログラマ/デバッガ電源 USB USB USB
ターゲットへの電源供給 No Yes - 50 mA Yes - 1A※2
設定可能な書き込み電圧 No Yes Yes
設定可能な動作電圧 No Yes Yes
ターゲットからの引き込み電流 <1 mA <1 mA <1 mA
過電圧・過電流保護 OV only Yes, SW Yes, HW
ハードウェアブレークポイント Simple Simple Complex
ソフトウェアブレークポイント
Yes
Yes Yes
ターゲット用メモリ No Micro SD Card No
仮想シリアルポート Yes Yes Yes
量産書き込み対応 No Yes Yes
※1. 詳細はこちらのDocumentationタブにあるDevice Support Listを参照してください。
※2.ターゲットへの1A供給は外部電源を接続する必要があります。

評価基板

Microchip社の殆どの評価基板にオンボードデバッガが搭載されており、評価基板をPCに接続するだけで、プログラムの書き込み、実行、デバッグを行うことができます。

PIC16F18446 Curiosity nano

PIC16F18446 Curiosity nano

・PIC16F18446搭載
・USB接続で動作
・オンボードデバッガ
・仮想シリアルポート
・LED、スイッチ搭載
・ブレッドボードに対応した拡張端子

まとめ

今回は開発環境編として統合開発環境についての概要、プログラマ/デバッガ、および、評価基板について説明しました。
『できるMPLABシリーズ』で説明するPIC16F18446 Curiosity nanoは搭載されているマイコンのペリフェラルが多いため扱いやすく、また、PCにMPLAB X IDEをインストールしてUSBケーブルを接続すると自動的に使用できるようになるので、最初の1台としてお勧めの評価基板です。一方プログラマ/デバッガとしては、MPLAB PICkit 4が機能とコストのバランスに優れていますので、どれがいいか迷ったらこちらを選んでおくと良いでしょう。
次回はMPLAB X IDEのインストールについて詳しく説明します。


おすすめリンク