センサー評価プラットフォーム quattro II

センサー評価プラットフォーム  quattro II

  • 本ボードは標準で4個のセンサーを同時搭載可能※1で、データ保存にも使用できるシリアルフラッシュも実装されています。
    (※1)拡張ポート/拡張エリアの併用により更に多数のセンサーにも対応可能です。
  • 基板中央のマイクロコントローラーコネクタには様々なコントローラーモジュールを接続することが可能です。
  • PCとのシリアル通信、システム電源の供給、及びバッテリーチャージのためのUSBポートを持ち、マイクロコントローラーコネクタに接続したMCUやプロセッサと通信することができます。
  • 基板端にはディスプレイコネクタを持ち、各センサーのステータスやリアルタイムログを表示することに役立ちます。
  • 更にユニバーサル領域には I2C、SPI等のシリアルポートの機能が割り振られているため、無線モジュール等の通信デバイスを接続することも可能です。

特長

図 quattro II
  • 丸文株式会社製センサー評価プラットフォーム
  • 標準で4個のセンサーを同時評価
  • マイコンポートにマイコンモジュール搭載
  • Li+ バッテリーチャージャー搭載
  • 1次保存用32Mbit Flash Memory搭載
  • Displayコネクタ搭載
    • OLED
    • EPD
  • 拡張エリアにて機能拡張可能
    • 追加センサー
    • 無線モジュール etc.
  • USB-UART搭載

quattro II基板の各機能

quattro II ブロック図

搭載可能マイコンモジュール

f-shaft II

  • 搭載マイコン:
    NXP社製 Kinetis(MK22FN512VLH12)
    • ARM Cortex-M4 Core
  • 汎用LED5個
  • USBポート(OTG)
  • UART – 2系統
  • I2C – 2系統
  • SPI – 2系統
  • 水晶2個搭載
    • 32.768kHz
    • 8MHz
  • mbed Ready
  • 25.4mm x 15.4mm

t-shaft II

  • 搭載マイコン:
    TI社製 MSP430(MSP430F5528)
    • 16bit Original Core
  • 汎用LED5個
  • USBポート(Device)
  • UART – 1系統
  • I2C – 1系統
  • SPI – 1系統
  • 水晶2個搭載
    • 32.768kHz
    • 24MHz
  • 25.4mm x 15.4mm

搭載可能センサーモジュール

センサーラインナップ

  • 必要に応じて随時追加していきます

搭載可能ディスプレイモジュール

有機EL(OLED)

  • 128(W)x128(H)
  • サイズ : 1.5inch
  • 26万色(RGBフルカラー)

EPD(E-Ink社製電子ペーパー)

  • 230(W)x94(H)
  • サイズ : 2inch
  • 3色(B、W、R)

動作イメージ

計測とリアルタイム表示

  • 加速度センサー(MMA8451Q)
  • 温湿度センサー(HIH6130)