Acconeer Exploration Toolのご紹介 [導入編]

Acconeer(アッコニア) AB (以下、Acconeer 社と表記)製ミリ波レーダモジュールの評価ツールであるAcconeer Exploration Toolのご紹介、および、その導入手順について解説します。

Acconeer Exploration Toolとは

Acconeer Exploration Toolの外観

Acconeer Exploration Toolは、XM112/XB112、XM122/XB122、およびXE132向けに提供されている無償の評価ツールです。Pythonベースで構築されており、物標に対する測距や速度測定、さらには呼吸検知等、さまざまな評価をすぐに開始することが可能です。

導入手順

今回はXM112/XB112およびXM122/XB122を例に、導入手順を見ていきましょう。
これらの評価キットでAcconeer Exploration Toolをご使用いただくために、以下の⼿順で準備を⾏います。
①必要なソフトウェアを入手
②Pythonのインストール
③Acconeer Exploration Toolのセットアップ
④XM112/XM122に搭載したMCUにファームウェアを書き込む

①必要なソフトウェアを入手

各ソフトウェアをダウンロードしてください。

  • 評価ツール本体(GitHubよりダウンロード)
    Acconeer Python Exploration Tool
  • モジュールに搭載したMCUファームウェア
    XM112 or XM122 Module Software
    ご注意:
    ・ダウンロードするためにはAcconeer社のHPでアカウントを作成する必要があります。
    ・上記リンク内の「Software downloads」よりご利用のモジュールを選択しダウンロードしてください。
  • MCUファームウェア書き込みソフト
    XM112の場合 Bossa
    XM122の場合 Python経由でインストールします。詳細は後述します。

②Pythonのインストール

Python(3.6以降)をダウンロードしてください。インストーラーを起動しましたら、「Add Python 3.x to PATH」にチェックを入れ、ウィザードに従いながらインストールを進めてください。

③Acconeer Exploration Toolのセットアップ

コマンドプロンプトを開き、カレントディレクトリをAcconeer Exploration Toolを配置したフォルダへ移動してください。その後、以下のコマンドを順番に実行しインストールを完了してください。


pip install --user –r requirements.txt
python -m pip install -U -–user .

④XM112/XM122に搭載したMCUにファームウェアを書き込む

●XM112の場合
1. USB1のコネクタとPCを接続します。
2. ERASEボタンを押し続けます。
3. 2のままNRSTボタンを押し続けます。
4. 3を1秒以上継続後、NRSTボタンを離します。
5. ERASEボタンを離します。
6.Bossaを起動し、「SerialPort」で表示されたCOMポートを選択します。
7.「File」でダウンロードしたMCUファームウェアを選択します。
8.「Erase all」及び「Boot to flash」にチェックを入れ、「Write」をクリックし書き込みを開始します。
9. 書き込みが完了したらUSBケーブルを抜き差しして電源を入れ直します。

●XM122の場合
1. USBコネクタとPCを接続します。
2. DFUボタンを押し続けます。
3. 2のままRESETボタンを押し続けます。
4. 3を1秒以上継続後、RESETボタンを離します。
5. DFUボタンを離します。
6.ダウンロードしたファームウェアパッケージを解凍し、任意のフォルダにおいてください。
7. コマンドプロンプトを立ち上げ、nrfutilをインストールし(pip install nrfutilでインストール)、以下のコマンドを実行します。


cd \<6で設置したフォルダパス>\xm122_module_software\bin
nrfutil dfu serial --package acc_module_server_dfu_package_xm122.zip --port COM# -b 115200

ご注意:
・上記のコマンドの#にはXM122のCOM Port番号が入ります。あらかじめデバイスマネージャー上の「ポート」で確認してください。

8. 書き込みが完了したらUSBケーブルを抜き差しして電源を入れ直します。

Acconeer Exploration Toolの起動方法

インストールおよびセットアップが完了しましたら実際にAcconeer Exploration Toolを動かしてみましょう。

1.ご利用のモジュールをPCへ接続後、以下パスのAcconeer Exploration Toolを起動します。
\acconeer-python-exploration-master\gui\main.py

GUI起動後、InterfaceでSerialを選択し、モジュールが接続されているCOMポート番号を選択後、Connectをクリックします。
(COMポート番号はPCのデバイスマネージャーであらかじめご確認ください)

2.Scan Controlタブ内最上段のプルダウンメニューで実行したいサービスを選択し、「Start measurement」をクリックすることで動作が開始します。
(サービスについては次回ご紹介いたします)

まとめ

今回はXM112/XM122の評価ツールであるAcconeer Exploration Toolの導入手順をご紹介しました。次回はAcconeer Exploration Toolで評価可能な各種サービスについてご紹介します。


おすすめリンク