セイコーエプソン|Arm Cortex-M0+プロセッサー搭載 低消費電力32ビットマイコン『S1C31W65』

セイコーエプソン|Arm Cortex-M0+プロセッサー搭載 低消費電力32ビットマイコン『S1C31W65』

Arm® Cortex®-M0+プロセッサーを搭載した低消費電力フラッシュマイコン『S1C31W65』は、液晶ドライバー内蔵シングルチップマイコンとしてご好評をいただいているS1C31Wシリーズで、初めてセグメント液晶ドライバーに対応した汎用マイコンです。
当ページでは、『S1C31W65』の主な特長、デモンストレーション動画をご紹介いたします。

32ビットマイクロコントローラ『S1C31W65』主な特長

1. お客様製品の多機能化と部品点数の削減に同時に貢献する豊富な内蔵回路

  • 自己書き換えが可能なフラッシュメモリー
  • 電源回路を内蔵した液晶ドライバー
  • リアルタイムクロック
  • 外部の電源監視ICを必要としない電源電圧検出回路
  • R/F変換器、A/D変換器、温度センサ/基準電圧生成回路
  • UPMUX(ユニバーサル・ポート・マルチプレクサ): 入出力端子の機能割付けをソフトウェアで変更

2. さまざまな動作環境に対応

  • 動作電圧範囲 1.8V~5.5V
  • 動作温度範囲 -40℃~105℃
  • 最大33MHz高速動作
  • ブートクロック 最大2μsの高速起動
  • 低消費電流32.768kHz水晶発振/32kHz内蔵発振回路
※システムクロック32 MHz、スリープ状態からCPUがベクタテーブルを読み出すまでの時間

32ビットマイクロコントローラ『S1C31W65』仕様

製品型番
S1C31W65
CPUコア
32ビットRISCプロセッサー Arm Cortex-M0+
フラッシュメモリー容量
128Kバイト
RAM容量
16Kバイト
動作電圧
1.8V~5.5V
動作周波数
最大 33MHz(VD1電圧モード:mode0)
最大 2.1MHz(VD1電圧モード:mode1)
LCDドライバー
最大416ドット(52セグメント × 5~8コモン)
最大224ドット(56セグメント × 1~4コモン)
シリアルインターフェイス
UART:2ch / SPI:2ch / I2C:2ch
R/F変換器
CR発振型、24ビットカウンタ、DC発振モード
1ch
A/D変換器
12ビット逐次比較型
外部信号入力:最大7本
内部信号入力:1本 温度センサ出力を接続
温度センサ/基準電圧生成回路
センサ出力をA/D変換器で計測可能
2.0V、2.5V、VDDまたは外部印加からA/D変換器の基準電圧選択可能
電源電圧検出回路
VDDまたは外部電圧
32レベル(1.7V~5.0V)
タイマー
16ビットタイマー:8ch、16ビットPWMタイマー:3ch
ウオッチドッグタイマー
リアルタイムクロック
入出力ポート
入出力ポート:Max. 63ビット、出力ポート:1ビット
ユニバーサル・ポート・マルチプレクサ:32ビット
消費電流(標準値)
スリープモード: 0.3μA
RTCモード: 2.1μA
RUNモード: 195μA/MHz(VD1電圧モード:mode0)
130μA/MHz(VD1電圧モード:mode1)
動作温度
-40℃~105℃
出荷形態
P-LQFP100-1212-0.40(端子ピッチ0.4mm)

ArmおよびCortexは、Arm Limited(またはその子会社)のUSまたはその他の国における登録商標です。