側面衝突実験ダミー内蔵用3軸加速度センサ Model 7268D

側面衝突実験ダミー内蔵用3軸加速度センサ Model 7268D

自動車衝突実験用ダミー用に新しく開発された3軸加速度センサである7268Dは、センサ自体の共振を防ぐために、最先端のマルチモードダンプ技術を応用した、MEMSの小型3軸加速度センサです。

特 長

7268Dは小型かつ幅広い周波数応答を求められる自動車衝突実験やその他のアプリケーション向けに開発された3軸加速度センサです。7268Dは米国自動車技術会規格SAE J211と衝突実験用人体ダミー用センサSAE J2570の仕様を満たしております。
マルチダンプの技術を応用しており、センサ自体の共振が抑えられている構造になっており、共振による計測エラーを解消できます。

仕 様

型番 7268D
レンジ(m/s2) ±20,000
感度(mv/V(m/s2)) 0.002
応答周波数 X、Y軸 0~1,500
Z軸 0~3,000
横軸感度(%)(オプション) 3(2)
直線性(%) ±1
動作温度範囲(℃) -18~+66
印加電圧(V) 5 or 10
重さ(g) 8
形状(mm) 縦 x 横 x 高 12.7 x 14.73 x 10.67
※1g=10m/s2として算出

アプリケーション

  • 自動車衝突実験
  • 側面衝突実験ダミー用
  • 衝撃試験