クラウド・インフラ計測ソリューション

クラウド・インフラ計測ソリューション

Spirent社は、クラウドインフラストラクチャをベースライン化する事で、以下のような事でお困りの方に最適なクラウド環境構築・選定を行う測定ソリューションを提供します。

  • クラウドを評価するにはどこから始めれば良いか?
  • OS/Hypervisor/vAppのどこにボトルネックがあるか?
  • vAppだけが違うのに、どうして性能差が出るか?
  • OpenStackのベンダが沢山あるが、性能はどこが良いか?

CloudScore

試験項目

コントロールプレーン
  • OpenStack サービスディスカバリ、可用性チェック(Nova、Neutron、Cinder、Swift、Ceilometer、Keystone、LBaaS)
  • OpenStack API パフォーマンス(Nova)
データプレーン
  • CPU/GPU/メモリ/ゲストOS パフォーマンス
  • ストレージパフォーマンス (スループット、帯域)
  • ネットワークパフォーマンス(ジッタ/スループット)

確認ポイント例

  • どのメーカのハードウェア装置が性能が良いか
  • CPU・メモリを増設して、期待通りに性能が変わったか
  • 費用対効果の観点から、どこまで仮想化すべきか
  • ファームウェアをアップデートした後、性能劣化が発生していないか
  • 新機能を動作させたがシステム性能に悪い影響はないか
  • 設定を変更してチューニングしたが、どこまで性能が上がったか
  • 同じリソース(CPU/メモリ/ストレージ)を利用した場合のクラウドプラットフォーム比較
  • 同じコストの場合のクラウドプラットフォーム比較

CloudStress

vApp(VNF)のコンピューティングリソース(CPU、メモリ、ストレージ、ネットワーク)を正確にエミュレーションし、動的に負荷を増減させることで、運用で想定される様々なシナリオを再現することが可能です。

検証例

データプレーン
(OpenStack/VMware/Baremetal)
  • システムパフォーマンス(固定のVM数) : 一定のVM数で、リソースの最大使用率や性能データを検証
  • システムキャパシティ(固定の負荷量) : 1つのVMリソースを設定し、Host内で収容可能な最大VM数を測定
  • ノイジーネイバー : 仮想化環境におけるソース競合の影響を確認
  • LifeCycle Management(MANO)検証 : オートスケールやオートヒーリングのトリガーポリシーが正しく設定されているかを検証
  • 新しいVMを追加する前の事前検証 : 新しい仮想化サービス(VM)を導入する前に既存のインフラストラクチャに与える影響を検証