産業用高出力コンパクトファイバーレーザ CFLシリーズ

産業用高出力コンパクトファイバーレーザ CFLシリーズ

最新のファイバーレーザデザインにより、加工時のレーザ戻り光に強く、アルミや銅・真鍮などの高反射金属の加工でも発振器保護回路による装置停止のない安定した加工が可能です。業界トップクラスの高ビーム品質と、高速レーザ出力変調により、加工材料への高精度な入熱量コントロールができ、より高速・高品質な加工を実現します。

主な特長

  • CWモードおよびモジュレーションパルス発振モード
  • 自社製造高信頼性シングルエミッターLD搭載
  • LIEKKI® DNDファイバーによる高信頼性ファイバーレーザ
  • 出力 : 500W~1.5kWラックマウント、2kW~12kWスタンドアローン
  • 独自構造アイソレータによる戻り光影響のない高反射材料プロセス
  • メンテナンス性を考慮した先進モジュールデザイン
  • オンライン診断による迅速な問題解決

より精密な加工を可能にするパルス波形制御

CFLシリーズのパルス波形データの一例となります。任意の波形をプログラムすることができ、目的の加工に最適な条件でのレーザ照射ができます。

最大100キロヘルツまでの高速変調と、5マイクロ秒以下のパルス立上り/立下り時間により、コーナリングなどの加工 加減速時や、金属3Dプリンティングにおける微細で複雑な構造の造形時など、細かい熱量コントロールにより高速、高品質な加工が可能です。

主な仕様

  シングルモード マルチモード
発振モード CW/モジュレーションパルス
発振波長 1,070±10nm
最大出力(CW) 500〜1,500W 500〜15,000W
出力調整範囲 5~100%
周波数 100kHz 20〜100kHz

主な用途

  • 切断(アルミニウム、銅、真鍮、鉄、ステンレス)
  • 溶接
  • 金属積層造形法(3Dプリンタ)
  • 穴あけ