音響試験に最適|無響箱 AL0030|GRAS社

音響試験に最適|無響箱 AL0030|GRAS社

GRAS社のAL0030は手軽に使用できる無響箱です。携帯電話やタブレット、スピーカーなど小型デバイス機器の周波数特性、THD、Rub & Buzz、マイクテストなどの音響を試験するのに最適な製品です。生産ラインや研究開発用途のどちらでも使用が可能です。当ページでは、GRAS社製 無響箱 AL0030の特長と製品仕様について紹介します。

AL0030特長

AL0030は携帯電話、タブレット、スピーカーなど小型デバイスの機器を周波数特性、THD、Rub & Buzz、マイクテストなどの音響試験するのに最適な製品です。チャンバーの裏面にある中密度のファイバーボードに音響減衰材が取付けられております。また背面には大きな開口部があり、試験セットアップ時にチャンバー内部へ簡単にアクセス可能です。また外部の機器と接続するために、BNC、USB、Mini DIN 4ピンのコネクタを備えています。
チャンバーには振動と衝撃を吸収するための足がついており、外部からの振動が測定に影響を与えないようになっています。AL0030はどこでも設置可能で再現性の高い計測データを提供します。そのため、生産ラインだけではなく、研究開発用途でも使用されています。
AL0030は様々な機器を試験できるよう柔軟なプラットフォームを用意しています。チャンバー内部には、音源とマイクロホンを設置できます。試験に必要なアクセサリはAL0030と一緒にオーダー可能です。是非お問い合わせください。

仕様

型番
AL0030
重さ
39kg
サイズ
42.4 x 63.8 x 52.8cm
周波数レンジ
100Hz~20kHz
パネルコネクタ
BNC x4、USB x2、Mini DIN 4ピン x2
遮音性能
25dB(1/3オクターブ)
下記画像参照
AL0030の遮音性能 1/3バンドグラフ

AL0030の構造

チャンバー前面

AL0030の前面の引き出し
ここに測定対象品を取付できます

前面に引き出しがあり試験対象品を固定できるホルダーを備えています。大きさの異なる製品を試験できるよう調整が可能になっています。 300mm×200mmまでの製品を取付けれることができます。

チャンバー背面

AL0030の背面
内部にアクセスしやすいよう、
大きい開口部になっています

背面には大きな開口部があり、試験セットアップのためにチャンバー内部へ簡単にアクセスできます。

チャンバー内部

AL0030の内部
内部にはマイクロホンや音源を
固定できるネジ穴があります

内部にはマイクロホンや音源を固定するための固定ポイントが、上部パネルに2箇所、下部パネルに2箇所の計4箇所あります。これらの固定箇所には、合計4個のマイクロホンや音源を取り付けることができます。また、引き出しにマイクロホンを取り付けることも可能です。

関連商品