Moku:Lab | ロックインアンプ

Moku:Lab | ロックインアンプ

Moku:Labのデジタルロックインアンプは、DCから200MHzまでの二相復調(XY/Rθ)に対応し、120dB以上のダイナミックリザーブを保有しています。また、2チャンネルオシロスコープとデータロガーを内蔵しており、最大500MSa/sの信号をモニタし、最大1MSa/sのデータを記録することが可能です。

Features

  • 120dB以上のダイナミックリザーブがノイズにより埋もれてしまう様な微小信号の測定も可能に!
  • 非常に明瞭なデジタルシグナルプロセスチェーンのブロック図
  • 信号監視とデータロギングの為の内蔵プローブポイント
  • PLL(位相同期ループ)を含む内部または外部復調モード
  • 二相(Dual-phase)復調
  • 矩形座標(X/Yモード)と極座標(R/シータモード)の簡単切り替え
  • 内蔵PIDコントローラ

Specifications

  • 3.55μHzの分解能
  • 復調可能周波数範囲:1mHz~200MHz
  • 0.001°の位相シフト精度
  • 50Ω/1MΩ入力インピーダンス
  • 調整可能時定数:32ns~0.537s
  • 6、12、18、32dB/オクターブフィルタのロールオフ
  • 出力ゲイン範囲:-80~+160dB
  • LO出力は可変振幅で200MHzまで対応
  • 超高速データ収集:スナップショットモードは最大500MSa/s、連続モードは最大1MSa/s

Applications

  • ポンププローブ/超高速分光器
  • レーザ走査型顕微鏡(SRS、TA etc..)
  • 磁気センシング(磁気光学カー効果)
  • レーザ周波数安定化