ピックスアート|PPGセンサ (HM)

ピックスアート|PPGセンサ (HM)

ウェアラブルデバイスで心拍数検出(HRD)、血中酸素濃度(SpO2)検出など、健康管理(HM)用途に導入が進んでいるPPGセンサについて紹介しています。

PPGセンサ (HM) の重視しているポイントの紹介

PPGセンサは受光部にピクセル・アレーを採用し、AE・AGC機能に加えてLEDコントロール機能を備えてステート・マシーンとして動作します。加えてFIFOを内蔵しており、ホストのリソースを最小限抑えることが可能です。以下で重視しているポイント別に紹介します。

PPGセンサ (HM)の特長

ピックスアート社PPGセンサは初期設定を行い、ステート・マシーンで動作するように設計されているため、スマートウォッチなど、消費電力を重視するアプリケーションに有効です。

省スペースを重視

PAH8011ET

PAH8011ETはGreen LED x2、IR LED x1を内蔵したAll-in-Packageモジュールです。
- IR Touch Function:Build-in
- Package size:3.6 x 3.6 x 1.0(H)mm

特性を重視

PAH8011ES

PAH8011ESは外部LED (Green x2, IR x1)を接続することでPPG検出の精度を向上するセンサです。
- IR Touch Function:Build-in
- Package size:4.0 x 4.0 x 1.0(H)mm